ウッフィツィ特別展2016「ソッフィチ展」

シニョーリア広場地区
10 /30 2016
ウッフィツィ美術館で行われている特別展「Scoperte e Massacri. Ardengo Soffici e l’Impressionismo a Firenze 発見と虐殺 アルデンゴ・ソッフィチとフィレンツェの印象派」は、2016年9月26日〜2017年1月8日の期間に開催されています。

画家であり、作家であり、美術評論家でもあったソッフィチに捧げられた展示会。
ソッフィチはフィレンツェ近郊で19世紀末に生まれました。彼が生きた20世紀初期のイタリアとヨーロッパの美術界のパノラマを見ることができる機会になっています。
「発見と虐殺」というタイトルは1910年にフィレンツェで開催されたイタリア初の印象派展に関連して発行された彼の評論を連想させるものです。

展示されている作品はソッフィチ以外にも、セガンティーニ、セザンヌ、ルノワール、ピカソなど盛りだくさん!

ウッフィツィ美術館のメインの作品とは時代が離れますが、最後のデザートにいかがですか?

こちらは展示会で放映されているソッフィチの紹介ビデオ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。