サンタ・マリア・ノヴェッラが生まれ変わる!

フィレンツェ市
11 /04 2016
フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の一部は、今まで准尉の学校として使われてきました。
その学校の移転に伴い、今まで稀な機会にしか見学できなかった空間が市民の元に戻ってきます。サンタ・マリア・ノヴェッラ付属美術館に付け加えられる予定なのです。

キオストロ・グランデ(大きな回廊)
キオストロ
こちらには予約を入れて一回だけガイドグループで入れてもらったことがあります。憲兵さんに見張られての見学でした。

すでにこの機会に合わせて様々なイベントが行われてきました。
10月9日  サンタ・マリア・ノヴェッラ・デイとして無料で兵舎の中の見学が可能
10月22日  キオストロ・グランデで文化イベントがあり、市民から空間の利用について意見を求めました。
12月15日〜1月15日 美術館の一部として公開。この期間は無料。

現在のサンタ・マリア・ノヴェッラの見学可能場所は
教会、緑の回廊、死者の回廊、スペイン人の大礼拝堂、ウブリアキ礼拝堂、修道院食堂
面積 5900㎡


12月15日からプラスされて見学可能となるのは
大きな回廊、法王の礼拝堂、共同寝室、新しい修道院
上記と合わせた面積 10300㎡


なんと倍近くの面積を持った空間へ大変身です!

次回から見学可能となる場所を予習していきたいと思います。

参照 il nuovo reporter : novembre 2016
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。