星に導かれて

ドゥオーモ地区
11 /16 2016
フィレンツェの大聖堂付属美術館がリニューアルオープンしてから、もうそろそろ1年が経ちます。
面積が増えて以前と鑑賞するお部屋の順番が変わったので、最初は軽〜く迷子になっていましたが、さすがに今は慣れました。

ところが先日、美術館に特別展示を見に行った時に気付いのです、この星の光に。
stella1
床に投影されたこの光。単なるイルミネーションではありません。

流れ星のように見えますが、実は星の尾(長い部分)に向かって歩いていくと…
stella2
なんと鑑賞する部屋の順番を示していたのです!

そしてこの流星の形は、ドゥオーモの中にある15世紀の時計に針にそっくり。
orologio
ひっそりとこんな工夫がされていたなんて、洒落ていますよね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。