バルジェッロの大洋

シニョーリア広場地区
11 /30 2016
フィレンツェのバルジェッロ美術館の中庭にある彫刻を紹介していくシリーズです。
今日は大きな大理石作品のこちら。

「Oceano 大洋」ジャンボローニャ作 1572〜1576年
bargello cortile1
ジャンボローニャが手がけた大きな大理石作品です。
ピッティ宮殿裏手のボーボリ庭園の中、同名の「大洋の噴水」にありました。1911年にここに運ばれ、現在の噴水にはコピーが設置されています。

記録によれば大理石は1571年にフィレンツェに到着し、翌年からピッティ宮殿にて彫刻が制作されました。

ボーボリ庭園の池の中の島に柑橘系の植木鉢が並べられ、その中央にそびえ立っている「大洋」
boboli
筋肉隆々の様子や捻じるポーズまで、ミケランジェロの後の世代が巨匠の影響を受けていたことがはっきりと伺える作品ですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。