聖シルヴェストロの夜

イタリアのトリビア
12 /31 2016
大晦日である12月31日はカトリックの世界では「聖シルヴェストロの日」です。

聖シルヴェストロは4世紀のローマ教皇で、在位期間は22年近く続きました。ローマ教皇としては33代目に当たります。
聖シルヴェストロ
伝説ではローマ皇帝のコンスタンティヌス1世に洗礼を施した教皇とされています。これが史実でないとしても、キリスト教がローマの国教となった大事な時期に法王であったことになります。亡くなったのが335年12月31日。

イタリアでは、家族で過ごすクリスマスに対して友人どうしで集まって騒ぐ賑やかな夜が聖シルヴェストロの日です。

フィレンツェの街中でも広場で夜中にコンサートがあり、そして花火を打ち上げて新年を祝います。爆竹を鳴らす人も多いので、大きな音にびっくりするツーリストも多いかもしれませんね。

ちなみに新しい赤い下着を身につけて年を越せば幸運をもたらすと言われていますので、この季節の下着屋さんのウィンドウのマネキンはみんな、赤い下着をつけていますよ。

31日の夕食の定番料理はレンティッケ(レンズ豆)とコテキーノ(豚の肉、川、脂で作ったソーセージ)
両方とも「新年、経済的に良いことがありますように」というゲン担ぎの品です。
コテキーノ

昼間は快晴で暖かいですが、朝は零下まで下がる現在の気候。
イタリアで新年を迎える観光の方も風邪をひかないように気をつけてくださいね。

それでは今年も『フィレンツェガイド日記』をご訪問いただき、ありがとうございました。
2017年も宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。