カポダンノ2017

写真館
01 /05 2017
正月のことをイタリアでは「カポダンノ」と呼びます。
natività(生誕)から来ている言葉ナターレ(クリスマス)に比べればもっと簡単、そのまま読んだ意味で「capo d'anno 年の頭」です。

前回のナターレの写真に続き、今回は年末〜年始の写真をご紹介します。

12月25日を過ぎたからといって、すぐにクリスマスデコレーションが解体されるわけでありません。1月6日エピファニア(公現祭)までがクリスマスシーズンだからです。こちらはフィレンツェのサヴォイホテル。
natale2016-3
サヴォイホテルは1階に花屋が併設されていて、この花屋さんがホテル内のデコレーションも担当しているのでしょうか、いつも花が溢れています。
natale2016-2
2016年12月31日、年の最後の夕日がフィレンツェのドゥオーモのファサードを照らしています。
年末は毎日のように晴天で明るい雰囲気でした。
natale2016-9
仕事納めに駅のバールでプロセッコを1杯頼んだら、小型のパニーノ2個と一緒のセット料金が5,5ユーロよ!と勧められました。
natale2016-8
年明けてて元旦も晴天!バス停で待っていたら、通りの向こうからまっすぐに差してきたご来光。
natale2016-10
2017年が日本にとってもイタリアにとっても明るい1年となりますように!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。