ウンベルト時代の肖像画

アルノ河南地区
03 /13 2017
フィレンツェの支配者であったメディチ家が住んでいたピッティ宮殿。
その中には多くの美術館が併設されています。ラッファエッロやルーベンスの絵があるパラティーナ美術館からさらに階段を登った3階にある「「La Galleria d'arte moderna 近代美術ギャラリー」の作品と部屋を紹介する第18弾!

Sala 17
1870年 ローマ、イタリアに併合される
1871年 イタリアの首都がフィレンツェからローマに遷都される

これによってリソルジメント(イタリア統一運動)の時代は終わり、長く苦しい統一国家の組み立ての時代が始まります。
何世紀もの分裂の時代がイタリアに残した後進性の問題は多岐に渡り、イタリアの前途は簡単なものではありませんでした。

リソルジメントの時代にマッキャイオーリ派の実験は進みました。しかし平民の最初の反逆行為に対して、貴族や上流階級の社会的保守主義の時代へと移ります。
豪華な邸宅や都市周辺の別荘に代表される新しい主人公たちが、ヴィットーリオ・コルコスやミケーレ・ゴルディジャーニといった芸術家たちに肖像画を依頼します。彼らは、はっきりとした明るい光に満ちた男女の肖像画を製作していきます。

「ヴィクトル・ユーゴー」ガエターノ・トレンタノーヴェ作
artemoderna37
ユーゴーはフランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。代表作「レ・ミゼラブル」

ミケーレ・ゴルディジャーニ作の肖像画
artemoderna36
ミケーレは音楽家ルイージ・ゴルディジャーニの息子で、若い頃にバルトリーニと共に彫刻を学びました。その後、プリズモのルイージ・ムッスィーニの学校に通います。肖像画家として活躍しました。
artemoderna35

ヴィットーリオ・コルコス作の肖像画
artemoderna34
非常にリアルな肖像画を描いたことで有名です。
リヴォルノのユダヤ人家庭に生まれたヴィットーリオはフィレンツェの美術アカデミーに学び、ポッラストリーニに師事します。パリに移り女性の肖像画家として成功。フィレンツェに戻った後はカルドゥッチやダンヌンツィオといった詩人のサロンにも入りました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。