キリスト教はイタリアの国教なのか?

ちょっとかじる歴史の話
05 /17 2017
イタリアの公共の学校で教室に十字架が飾られているのが、論争の的になったことがありました。
キリスト教の生徒が100%ならまだしも、今や様々な宗教が共存する社会。
これは不公平ではないか?ということなんですね。
「いや、キリスト教はイタリアの国教だし」という言葉を聞いて、はてそんな法律とかあったかな?と疑問だったので調べてみました。

※ イタリアの歴史と文化にキリスト教のもたらした影響が大きいことはもちろん周知の事実ですし、そこに反論を挟む余地はないかと思います。あくまでもそのような条文があるのか?という視点です。
また前回の日記にて、イタリア在住の71.4%がキリスト教徒、そのうち66.7%がカトリック、そしてカトリックのうちpraticanti (定期的に宗教活動に参加する人)は24,4%というデータを書きました。熱心な宗教活動はしない人も含め、キリスト教徒が人口の70%ほどを占めるという事もあきらかです。

国教の定義…「国家が保護し活動を支援する宗教のこと」
そしてカトリックを国教としているのは… バチカン、アルゼンチン、コスタリカ、マルタ、スペイン、フィリピン
イタリアは入っていないんですね。

イタリアという国家ができたのは1861年。そこから教皇庁とどのような経緯があったのでしょうか?

1861年 第1回イタリア国民議会にて、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世がイタリア国王と承認され、投票により王国首都はローマとされました。ローマには教皇領が存在していたのですが…

イタリア王国は教皇に対して
「ローマ市街をイタリア王国へ明け渡すこと。バチカンとラテラノ宮殿の占有を認めるが、その代わりに年32万5千リラを支払うこと」を求めます。

1870年 普仏戦争勃発により、ローマを守っていたフランス軍が撤退。イタリア王国が教皇領を占領。
1871年 イタリアの首都をフィレンツェからローマへ遷都。しかし教皇は上記の条件を拒否し、イタリア王国と対立。

1929年 ローマ教皇庁がムッソリーニ政権下のイタリア王国とラテラーノ条約を締結。
→バチカン市国が建国される。ムッソリーニの狙いは、教会との緊張状態を解決して自らの国際的地位を高めることでした。

(1861〜1929年のイタリア王国とローマ教皇庁の緊張状態を「ローマ問題」と呼びます)

ラテラーノ条約では、イタリア政府が「カトリックがイタリアの宗教において特別な地位を有すること」を約束したので、この時点ではカトリックがイタリアの国教だったと言えます。これをコンコルダート(政教条約)と呼びます。

1984年 ラテラーノ条約の改定。カトリック教会が国家に承認された特別な宗教であるという旨の部分が削除されました。

こうして1985年からカトリックはイタリアの国教ではなくなっているわけです。

しかし国営放送RAIのニュースでは、法王の謁見の儀やコメントを流しますし、イタリアの祝日の多くがキリスト教関連のお休み。国教ではないにしても、イタリアとキリスト教が今も深く結びついているのは確かですね。

参照
Patti Lateranensi
Servizio per i rapporti con le confessioni religiose e per le relazioni istituzionali
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。