フィレンツェのバラ園

フィレンツェ市
05 /18 2017
フィレンツェを一望することができるミケランジェロ広場からちょっと下った場所にバラ園があります。
rose1
以前は春の短い期間だけ一般公開されていましたが、現在は1年中開いています(クリスマスと元旦は閉まります)

ミケランジェロ広場を建設したジュゼッペ・ポッジによって1865年に作られました。トリノからフィレンツェに遷都される予定を見越してフィレンツェ市から依頼を受けたものです。約1ヘクタールの土地にテラス状の庭を造り、町の素晴らしいパノラマを見えるようにしました。ポッジ大通りとサン・サルヴァドーレ通り、バスティオーニ通りに囲まれています。

元はオラトリオ修道会の神父たちが所有した小さい邸宅に隣接した庭で「サン・フランチェスコの農園」と呼ばれていました。
その後テラス型の庭に分割され、薔薇のコレクションが植えられます。

1895年、庭は例年5月に開催される「芸術と花の祭典」中に一般公開されることになりました。
庭のスタイルはフランス式庭園を真似てあります。ミケランジェロ広場の横、つまりに庭からみて高い位置に井戸を設置し、庭の灌漑に使っています。

1998年 日本の造園家、作庭家である北山 安夫によって一部に日本庭園を設えました。
rose3

2011年 ベルギーのJean-Michel Folonのブロンズと石膏作品を展示。亡くなった彫刻家の妻からフィレンツェ市にプレゼントされた作品です。
rose2

現在は370種類もの薔薇が咲き誇り、中には1500年代、ルネッサンス時代の種類の薔薇も見られます。

無料で入れるのでミケランジェロ広場に行くがてら、ちょっと立ち寄るのもいいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。