ミケランジェロのピエタに触れる?

ドゥオーモ地区
06 /13 2017
ウッフィツィ美術館にて視覚障害者は予約をすると彫刻に触れることができると、以前の日記に綴りました。

両性ヘルマプロディトスに触る

この度、フィレンツェのドゥオーモ付属美術館 Museo dell'Opera del Duomo di Firenzeでも同じようなコースが創設されました。
鑑賞するだけではなく、彫刻を触る、撫でることができます。
現時点では視覚障害者の方専用ですが、そのうち障害者以外でも触れるようにしようということです。

触れるのは美術館の最も有名な作品8体のレプリカ。

◉洗礼堂の北門と天国の扉(東門)のパネル3枚
◉ドナテッロ作「マグダラのマリア」オリジナルは木製ですがレプリカは樹脂
◉アルノルフォ・ディ・カンビオ作「ガラスの目の聖母」樹脂
◉ミケランジェロ作「ピエタ」1/2のスケール
◉アンドレア・デル・ピサーノ作 ジョットの鐘楼のための浮き彫りパネル
◉ルカ・デッラ・ロッビア作「カントリーア」のパネル

この新しいコースを作ろうという計画は、美術館が2015年にリニューアルオープンした時分からあったそうです。

毎月第一木曜日15時よりガイドの説明付きで見学が始まります。1時間半のコースで、4人(プラス付き添いの人)まで参加できるそうです。

参照(写真も載っています)Sculture da accarezzare
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。