ケッパーの和名は「風蝶木」

イタリアのトリビア
06 /22 2017
今年もケッパーの花がピサの城壁に咲いていました。
capperi
ピサの斜塔がある大聖堂広場を囲む壁は、ピサ共和国を守るために建設されたものです。
市壁に作られたアーチが広場への入り口になっていて、観光グループの集合場所として使われています。

6月始めにこの城壁を見上げたら、蔦型の植物にお花がいっぱい咲いています。
地中海地方起源の植物ケッパーは地中海沿岸、イラン、アフガニスタンなどで、3月から8月まで開花するそうです。

和名は「棘風蝶木」あるいは「西洋風蝶木」
花の咲いた様子が、風に舞う蝶のイメージなのでしょうか?

つぼみを開花よりもかなり早く収穫して、酢漬けや塩漬けにし、魚や肉、パスタ料理に使います。
果実は多くは取れないのでつぼみより貴重なものですが、やはり酢漬け、塩漬けにして魚料理に使用。

イタリアでは時にシチリア島で収穫されます。

ケルセチン(フラボノイドの一種)を含有していて、抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、降圧作用、強い血管弛緩作用があるとか。
痛風にも効果があることが知られています。

ピサの城壁のケッパーはちょっと高いところに生えているので、収穫は難しそうです(´・_・`)

参照 Capparis spinosa
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。