塔が立ち並んでいたピサ共和国の港

ピサ県
06 /26 2017
イタリア都市国家時代に「海の共和国と呼ばれたのはピサ、ジェノヴァ、ヴェネツィア、アマルフィの4つの都市です。
しかし海洋国家であったピサは海には接していませんでした。
正確には海に近い位置ではありましたが、ピサはアルノ川沿いの町だったのです。

海岸線に港を建設し、そちらから運河とアルノ川を遡って船で物資を輸送していました。

港は二つ
①サン・ピエロ・ア・グラード 紀元前3世紀〜
②ポルト・ピサーノ 10世紀〜

②はリヴォルノの北、カランブローネにありましたが、現在は埋まってしまっています。現在の海岸線は当時より3kmほども海の方に移動しています。

ポルト・ピサーノの歴史
1150〜 それまでの港を大きく改築。
1156年 港の5マイルほど南に、メロリアの塔を建設。干潟が多い地域で外敵からの守るのに適していました。
(13世紀にここでピサ海軍はジェノヴァ海軍に大敗を喫します)

この後、岩礁の上に何本もの塔が建設されていきます。
Soarzaの塔
San Vitoの塔

これらの塔は鎖で繋がれ、港への入り口を塞いでいました。船は列をつくって入港するシステムになっていたのです。

1160年 ポルト・ピサーノとピサの町を繋ぐ最初の運河が掘られます(Vottola運河、長さ12マイル)

1162年 ポルト・ピサーノに要塞型の塔(Torrita)が建設されます。井戸を建設し、籠城にも備えていました。また他の運河(スターニョとアルノ川を繋ぐSan Stefano運河)もつくられます。

輸送品はポルト・ピサーノ→運河→チッタ・デッラ・ヴェッキア(税関)→ピサの町の順で運ばれました。

13世紀終わり 港に他の塔が建てられます(Frascettaの塔, Magnaの塔, Fanaleの塔)
塔が立ち並ぶ港の様子
ポルト・ピサーノ3

ジェノヴァ海軍によってメロリアの海戦の時に引きちぎられた鎖はSan Vitoの塔と港を繋いでいたものです。
後にジェノヴァから返還された鎖がカンポサントの中に展示されています。
ポルト・ピサーノ1

1290年の戦いでは、ジェノヴァ海軍は港への入り口に船を沈めたり、塔を破壊して港周辺の海に捨てたため、港は大きな被害を受けます。

1457年 フィレンツェによるピサ支配の時代が始まり、新しいMarzoccoの塔(マルゾッコはフィレンツェ共和国のシンボルのライオン)を建設→1479年には塔は破壊されます。

斜塔の入り口にも港の様子を浮き彫り表した大理石が嵌め込まれています。
ポルト・ピサーノ2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。