洗礼者の首を受け取るヘロデア ベルナルディーノ・ルイーニ

シニョーリア広場地区
07 /06 2017
ウッフィツィ美術館、トリブーナの後に続く部屋には15世紀〜16世紀初期の北イタリアの画家の作品が並んでいます。
あまりグループ観光では通らない部屋ですが、ここに置かれている作品をチラッと紹介していくシリーズです。

「第23室 15世紀ロンバルディア地方 QUATTROCENTO LOMBARDO」
『洗礼者の首を受け取るヘロデア』ベルナルディーノ・ルイーニ
1527年ごろ 板絵テンペラ
eroide
この作品はウィーンの美術史美術館(Kunsthistorisches Museum)との作品の交換によってフィレンツェに来ましたが、当時はレオナルドの作品と考えられていました。
現在はロンバルディア地方のベルナルディーノ・デ・スカピス(ベルナルディーノ・ルイーニ)の作品とされています。
ルイーニとその工房の作品として、少なくとも6枚の同じテーマを扱ったバリエーションが存在します。
その中でもウッフィツィに展示されているものは、柔らかい明暗を使った、最もレオナルドの作風に近い作品です。
タイトルには「ヘロデア」の名前が付いていますが、首を受け取る若い女性はヘロデアなのか、その娘のサロメなのか判明していません。
この女性の顔はパルマの美術館にあるレオナルドの作品と酷似しています。
scapigliatura
ルイーニはレオナルドと直接仕事したと言われ、彼の作品の多くがレオナルドの作品とみられてきたほどに、多くの影響を受けています。
また彼が描くうっすらと開いた目をした優雅な女性像はルイーニの名から『ルイネスク』と呼ばれています。
マッジョーレ湖付近のルーノで生まれたルイーニは、ミラノやトレヴィーゾ、モンツァ、パヴィアなどで仕事をしました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。