7月のトスカーナ周遊

写真館
07 /18 2017
2017年7月撮影の写真を並べてみました。

シエナのカンポ広場。7月2日に行われるパーリオ(中世競馬)の準備が進んでいました。
2017lu26
上空から見ると貝殻のような形をしているカンポ広場。中央のレンガ敷の部分には観客が入り、周りの石畳には土を入れた固めて、馬の走行コースになります。

6月29日、本番まで後3日。プブリコ宮殿の前では馬がテスト走行した後、お医者さんの診断を受けるとか。
2017lu25
プブリコ宮殿(市庁舎&市立美術館)もマンジャの塔も今日はお休みで入場不可。お祭りの方が重要なのです。

赤ワイン、キャンティクラッシコの生産地であるキャンティ地方へ。
カステル・ヴァラッツァーノからぶどう畑を見下ろします。
2017lu24
葡萄の収穫までは後2ヶ月ほど。実はまだ見当たらないのですが、葉が青々として美しい畑の様子。

カステル・ヴェラッツァーノの案内人が「ここは特別な倉だよ〜」と案内してくれた場所。
2017lu23
バルサミコ酢を作っています。小さい樽から樽へ移すうちにだんだん凝縮してとろ〜りとしたバルサミコ酢ができるのです。樽の木の種類は樫や桜や栗。それぞれ違う香りをお酢に移してくれるのだとか。

こちらはピエンツァの町からオルチャを見下ろすパノラマポイント。
2017lu18
7月初め、シエナ〜モンタルチーノ〜ピエンツァとオルチャ渓谷を巡る道は、ひまわり畑が満開で美しい風景を堪能できます。

サンジミニャーノ近郊のアグリツーリズモ、ポッジョ・アッローロから。遠くの丘の上に「塔の町」サンジミニャーノが見えます。
2017lu16

麦のサラダ。
2017lu15
ライスサラダと共に、夏の定番料理。さっぱりとした冷製です。
このアグリツーリズモではほとんど全ての料理が農場内で栽培している無農薬の野菜を使っています。まさに0kmですね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。