美術のオリンピック ヴェネツィア・ビエンナーレ

ヴェネツィア
08 /01 2017
Biennale di Veneziaは、1895年からヴェネツィアにて開催されている現代美術の国際美術展覧会です。
ビエンナーレとはイタリア語で「二年に一度」という意味。
二年に一度(奇数年)の6〜11月頃まで開催されます。
国が出展単位であるために「美術のオリンピック」とも呼ばれているんですね。

水の都ヴェネツィア
estate17-2

美術部門、映画部門・建築部門・音楽部門・演劇部門・舞踊部門があり、
毎年開催→ヴェネツィア国際映画祭、国際演劇祭
偶数年に開催→国際建築展覧会(ヴェネツィア建築ビエンナーレ)
奇数年に開催→美術部門

全てビエンナーレの一部なので、実は2年ごとではなく、毎年何かしらの関連イベントがヴェネツィアで開催されているのです。
主な会場はアルセナーレ(ヴェネツィア共和国造船所)とジャルディーニ(カステッロ公園)です。
ビエンナーレの時期、ヴェネツィアの町のあちらこちらに関連のオブジェがインスタレーションされるので中世の風景の中にモダンアートが渾然となっている様子が面白いのです。

どんな感じかちょっと写真でご紹介しますね。

カナルグランデ沿いに建てられた金の円柱、とっても目立ちます!
biennale1

小さな運河沿いの小さな公園の中にありました。女性の顔が多くの蝶に覆われています。
biennale4

同じ公園にあった全身像。
biennale2

プンタ・デッラ・ドガーナで見つけた「人魚」
biennale3
モダンアート作品によってヴェネツィアがさらに幻想的な町になっていますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。