Ferragosto アウグストゥスの休息

イタリアのトリビア
08 /12 2017
8月15日、イタリアでは「Ferragosto フェッラゴスト」という祝日にあたります。
「聖母の被昇天」の祝日でもあるフェッラゴスト、この言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

フェッラゴストの伝統は古代ローマから続くもの。
Feriae Augusti(アウグストゥスの休息)という言葉に由来しています。

古代ローマでは8月にすでに
Vinalia rustica
Nemoralia
Consualia
などの祝日が存在し、休息と祭りの時期とされていました。
特にConsualiaは、大地と豊穣の神Consoに捧げられた祭りです。
古代のフェッラゴストはこれらの祝日をつなぎ休息のシーズンを形成していたのです。またアウグストゥス帝の名前をつけることによって政治的な意味合いも持っていました。

この祭りの時期に馬やロバといった動物のレースが行われていましたが、これが今日まで「被昇天のパーリオ」として受け継がれ各地で開催されています、有名どころでは「シエナのパーリオ」というカンポ広場の競馬がありますね。

フェッラゴストは古代には8月1日に祝われていましたが、カトリック教会により「聖母被昇天」の祝日に合わせるために8月15日に移動させられました。

2017年のフェッラゴスト、フィレンツェではウッフィツィ美術館やアカデミア美術館、ボーボリ庭園が開館してくれるそうです。
良い祝日をお過ごしください(^-^)/
Buone ferie e...BUON FERRAGOSTO!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。