アカデミア美術館のゴシック1

サンマルコ地区
09 /13 2017
ミケランジェロの彫刻で有名なフィレンツェのアカデミア美術館。
実は豊かなゴシック様式の絵画コレクションも展示しています。
今日から部屋ごとに画家と主な作品を見ていきます。

Sala del Duecento e del primo Trecento〜13世紀と14世紀初期の作品〜
この部屋からゴシック作品の展示が始まります。ギャラリーでは先にミケランジェロなどのルネッサンス作品が鑑賞できますので、時代を遡ることになりますね。

◉グイード・ダ・シエナ
13世紀中頃にシエナで活躍した画家。ピザンチン様式の影響を受けたはっきりとした明暗の表現を使う、コッポ・ディ・マルコヴァルドに近い作風。その表現方法はチマブーエの影響を受けて次第に柔らかくなっていく。

◉コルシ十字架の師匠
コルシ家コレクションのジョット風の磔刑図の作者。

◉マッダレーナの師匠
13世紀中頃フィレンツェの地域で活動した。
「改悛者マグダラのマリアと彼女の8つの物語」
a-gotico1
エピソードに細かい描写が見られる。

◉サンタ・チェチーリアの師匠
ジョット派の重要な画家の一人で、ジョットの助手だった。アッシジのサン・フランチェスコ教会の上部教会フレスコ画のうち、最後の3場面を描いた。
「マエスタ」
a-gotico2
堂々としたマリア像がコズマーティ様式の象嵌細工の椅子に座っている。空間の取り方を強く意識した作品。

◉パチーノ・ダ・ブオーナグイーダ
ジョット派の画家・細密画家。
「生命の木」
a-gotico3
こちらの作品については以前書いたこちらの日記で→「生命の木
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。