フィレンツェ 晩秋の夜を歩く

写真館
11 /17 2010
10月の末にサマータイムが終わると、日没が1時間早まり、秋の色が濃くなっていきます。
また雨も多く、しっとりした雰囲気のフィレンツェに早変わり。そんな秋のフィレンツェを歩いてみましょう。
notte firenze4
昼間は華やかな色彩が際立ち、「花の聖母マリア」の名がふさわしい大聖堂も厳かな雰囲気です。町はライトアップされて昼間とは違った顔を見せてくれます。

夏は遅くまで騒がしい中心街ですが、晩秋は静か。特に大聖堂広場は2009年秋から歩行者ゾーンになり、市営バスも迂回するようになりましたので、落ち着いて歩けます。
notte firenze3

「天国の扉」は昼間見ると光り輝く華やかな金色ですが、は「冷たい金色」
notte firenze2

大聖堂ドウーモ)広場とシニョーリア広場をつなぐカルツァイオーリ通り。
クリスマスの装飾はここが一番華やかです。長い直線の道を飾るイルミネーションは、奥行きがあって見事です。シンプルな色がかえっていいと思うのですが、どうでしょう?この装飾は毎年変わりますので、今年はどんなイルミネーションになるのか楽しみです。写真は2009年のクリスマスです。
notte firenze1
電飾は1月初めまで見られます。(1月7日の御公現の祝日までクリスマスシーズンだからです。それを過ぎてもまだイルミネーションが残っていることがあります)

12月8日の「無原罪の御宿り」(神はマリアの霊魂を創造した時に原罪の汚れを除き去り、清い状態でその母アンナの胎内に身ごもらせた)の祝日が終わると、いよいよクリスマス本番へ。もうすでにフライングでスーパーなどでもクリスマス用お菓子が販売されています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

予定通り11月20日に点灯開始されましたね。
さすがRENZI市長。

BDさん イルミネーション

中心街はもう点灯されているんですか?今日のコルソ通りはまだ点灯されてませんでした。時間が早すぎたのかな?(午後5時半すぎ、空はもう真っ暗でしたけど)

> 予定通り11月20日に点灯開始されましたね。
> さすがRENZI市長。

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。