泥に流された世界遺産 チンクエテッレ

イタリアからの映像
10 /29 2011
イタリアリグーリア州にある世界遺産チンクエテッレ
チンクエテッレイタリア語で「5つの土地」と言う意味で、ラ・スペツィア県の海岸沿いにある5つの村のことです。

海岸線に並ぶ色とりどりの家。11世紀に要塞都市として生まれ、1,000年もの間、隣の村との陸路もなく船で行き来していました。平地がないため、急斜面の固い岩盤を砕いてできた石垣の上に畑を作り、数百年かけて築かれてきた石垣の総延長は、なんと 6,700 キロメートル。日本列島を往復できる距離です。この痩せた土地で栽培されたブドウから作るワインは、味が凝縮したコクがあります。

ユネスコから世界遺産とされているチンクエテッレ、2011年10月25日の大雨で大きな被害を受けました。時間がたって少しずつ明らかになる被害の状況に、TVの前で呆然としたのは私だけではないでしょう…


泥が流れ込んだ海は…
alluvione1
鉄道も寸断されているとか。

TVで様子を見ていると、復興には何ヶ月も、元の姿になるには「年」単位の作業が必要かもしれません…




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

びっくりです!
津波を思い出しました。
11月に行くことになっていたのに。。。(涙)
スケジュールの変更が必要みたいですね。

10日にフィレンツェに着きます。
5泊するんですよ~♪

No title

知り合いの方のご親戚のレストランが土砂で埋まっちゃったって・・・3メートル以上の泥が入り込んできちゃったって・・・
偶然その日はレストラン休みで助かったみたいだけど・・
本当に自然の前では人間って何もできないんだなって痛感しますね。

Re: No title

3mってすごい…
地形も要因かもしれないけど、とにかく対策を考えないとね…
今年は本当に災害のレベルが半端ないよ。

Re: No title

また週末に大雨が降るという予報もあり、リグーリア州とトスカーナは厳戒態勢です。

フィレンツェに5泊ってすごいですね!

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。