白いキスチョコ~Baci Bianco~

おみやげにいかが?
11 /03 2011
チョコレートのバーチョ(Bacioは「キス」という意味)はペルジーナ社の製品で、イタリアでもっともポピュラーなチョコです。きっとイタリアからのお土産にされた方も多いのではないかと思います。「キス」の複数形でBaci(バーチ)チョコと呼びます。

丸くていびつな形で、ジャンドゥーヤとヘーゼルナッツをブラックチョコレートで包んであります。
ジャンドゥーヤは、焙煎したナッツ類のペーストと、チョコレートを混ぜたクリームです。
もとはナポレオン政権下での取締りによって不足したカカオを補うために、トリノ地元で豊富に採れるヘーゼルナッツを混ぜたことから生まれたそうです。

この1930年台から売られているバーチチョコに、今年からビアンコ(白)ヴァージョンが生まれました。
baci bianco2
外側がブラックチョコレートではなく、シナモンを混ぜたホワイトチョコになっています。

包装紙を開けてみると、こんな感じです。
baci bianco1
中の半透明の紙に格言が書かれているのは今までと一緒。
今回のチョコにはオスカー・ワイルドの言葉が挿入されていました。

2個入りの箱で2ユーロ。例えば友達が集まった時などに気軽に配るのにいいかもしれませんね。あるいは社内の同僚に配るとか?

私はウッフィツィ美術館の横のバールで見つけましたが、フィレンツェ大聖堂の近くの大きなお菓子屋さん「Alessi」でも売っているという情報を聞きました。あとは、バスで立ち寄るサービスエリアにもありました!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。