晩秋のトスカーナから 2011年10~11月

写真館
11 /28 2011
町の中、旅行中に撮った写真の中から、日記に載せていないものを集めてみました。2011年の秋の写真です。

夕日に染まるピサの斜塔。ピサの観光が終わるのはいつも4時半ぐらいなのですが、夏だと日暮れが9時ぐらいなのでこの光線では見れません。この時期ならでは光り輝く「ミラコリ広場」の様子です。
pisa tramonto

サンセポルクロの大聖堂の薔薇窓。ガラスのかわりにアラバスターの石が嵌まっていました。
サンセポルクロ

フィレンツェ、ヴェッキオ橋の上にて。橋の向こうに頂上を表す大聖堂の様子を描いている画家のおじさん。みんなが立ち止まって見ていきます。
pittore in città

フィレンツェ、ピッティ宮殿のパラティーナ美術館の窓から。この角度の写真はなかなか撮れません。ストーブの間から階段のある空間に出てみましょう。するとこの風景が見える窓があります。
pitti
写真の下部はボーボリ庭園の人口洞窟の入り口と、手前まで伸びてくるヴァザーリの回廊。

マーブル模様の紙で有名なIL PAPIROでもクリスマスカードの販売が始まりました。
biglietto di natale2

こちらは色付き。お値段は可愛くないですけれど、やはりエレガントです。クリスマスシーズンも、もうすぐですね。
biglitto di natale1


フィレンツェ小物屋さんで見つけたピノッキオの本と人形。アンティークな物ばかりが並んだ雰囲気のある、この小物屋さんは、Borgo degli Albiziにあります。
PINOCCHIO1
小物屋さんのウィンドウの中に、ミクロな世界ができているかのような雰囲気ですね。見ていて飽きません。

【送料無料】それからのピノッキオ

【送料無料】それからのピノッキオ
価格:1,890円(税込、送料別)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。