シャーベットみたいなヴェネツィアのラグーナ

イタリアからの映像
02 /14 2012
ヴェネツィアの潟のことをラグーナを言います。
アドリア海岸に南方にあるポー川からの土砂が堆積し、砂州や潟が出来た部分です。元々、沼地であった島々は灌漑により人が住めるようになっっています。ヴェネツィアはこのラグーナの上に築かれた水上の都市です。

2012年2月の大寒波。ロシア方面から流れ込む寒気によってイタリア各地に大雪をもたらしました。
そしてヴェネツィアが位置するラグーナにも氷が張りました。これはとても珍しい現象で、20世紀では1929年、56年、85年の3回だけであったそうです。そこで寒い中、写真を撮りにくる人もいたとか。

今回のその様子を紹介した美しい動画を発見しましたので、貼っておきます。


ところでヴェネツィア内の運河もシャーベット状になっていたそうですが、この時期にいらっしゃった観光客の方はそれでもゴンドラに乗られたのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

27,29年周期で大寒波が来てるのねえ。ラグーナに氷が張ってもきっとゴンドラには乗るんだよ。うん。
しかし寒かったねえ。今年の冬は。

うみさんへ

マルケ州は雪でまだまだ大変みたいだね。
今年は本当に寒かった!仕事するのが辛かったよね…
外で仕事するのって大変って身をもって知りました。

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。