フィレンツェを通過するミッレミリア

イタリアからの映像
05 /21 2012
2012年ミッレミリア(Mille Miglia)は5月19日昼下がりにフィレンツェを通過しました。

ミッレミリアはもともと1927年~1957年にイタリアで行われた伝説的な公道自動車レースでした。イタリア北部ブレーシャを出発して南下しフェラーラ→サンマリノ共和国→ローマへ、折り返して北上し、ブレシアへ戻るというルートでイタリア全土を1000マイル(イタリア語で mille miglia = ミッレ・ミリア)走るレースです。
第二次世界大戦の勃発による1941年-1946年の中断を経て復活しましたが、1957年にスペインのポルターゴ侯爵がドライブするフェラーリが観客を巻き込む大事故を起こしたため、イタリア政府は以降のレースの開催の中止を命じ、30年間の歴史に幕を閉じたのです。

その後1977年に、タイムトライアル方式のクラシックカーレース「ミッレミリア・ストーリカ(Mille Miglia Storica)」として20年ぶりに復活しました。お祭り的なレースとして毎年5月に開催されます。

フィレンツェでもヴェッキオ橋のたもとや、シニョーリア広場を毎年5月にミッレミリアが通り過ぎます。
2011年の映像ですが、フィレンツェ旧市街を走るクラッシクカーレースの様子をご覧ください。
1000 MIGLIA FIRENZE 2011


車からみた様子がこちらです。
LOUTUS MILLE MIGLIA FIRENZE


レースといってものんびりした様子なのがよくわかりますよね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。