妨害者VSレポーター

ウソのようなホントの話
07 /19 2012
イタリアでニュースを見ていると、しばしば現れるのがこの人、ガブリエレ・パオリーニ。
distrubatore(妨害者)が職業なのか?普段いったい何をしているのか?
と、思うぐらいに頻繁に現れます。

レポーターが中継しているうしろでピースサインをしたり…は、まだ可愛いほう。
マイクを奪って政治的(?)スローガンを叫んだりと、やりたい放題です。
レポーターも放映が終わるまでは「忍」の字ですが、中継が終わると激しく抗戦しますw

とくに数年前にローマを流れるテヴェレ河の増水の中継で、
女性のレポーター、クリスティーナ・ビアンキーノとのやりとりは、他の番組「ストリーシャ・ラ・ノティーツィア」でも取り上げられました。

まず夜間のレポートで男性のレポーターを邪魔したパオリーニは、数日後に同じ地点でレポートしているクリスティーナを邪魔します。
だんだんヒステリックになっていくクリスティーナさん。
「今、私に触ったわね!胸に触ったわね」と叫ぶクリスティーナに対して、パオリーニが衝撃的な告白をします。
「オレは男が好きなんだ!!!」
クリスティーナはさらに激怒して「気持ち悪い!」「あっち行け!」「警察を呼ぶわよ!」「殺してやる!」
それに対してちょっとタジタジなパオリーニは「カモミールティーを飲みなよ(鎮静効果がある)」と…

ベストオブパオリーニ 2009

「ベルルスコーニは糞!」というのには同意できますがw
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。