伸びたダビデの身長

ウソのようなホントの話
10 /18 2012
ルネッサンスの巨匠ミケランジェロによって製作された大理石の巨像「ダビデ」
フィレンツェのアカデミア美術館に展示されています。
ダビデ
見上げるような大きな作品ですが、その高さは何mあるのでしょう?
以前、ダビデの身長は「410cm」とされていました…

ところが数年前に驚くべき発表がされたのです。
「ダビデの身長は517cm」今までの表示は間違いでした、と…
どうやったら1mも間違えることができたのか?
台座を入れる、入れないの違い?にしては台座は1m以上あります。
「昔の測り方『ブラッチャ』が間違えていたのではないか?」というガイドもいましたが、ダビデのコピーは近代に作られて「原寸大」の作品もあるわけですから、その時に間違いに気づかなかったのか?
大変、謎な事件です。

なのでネットで探してもダビデの身長はまちまちなんですね。
同じWikipediaでさえ、伊語版「David」には410cm、「1E0m(1 m以上 10 m未満の事物の比較昇順表)」のページでは517cmと記されているのですから…
私は近年の改訂に従って「517cm」のほうを紹介しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

身長ブログやってます。
http://sincho599.blog.fc2.com/

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。