霧と犬とマッキアート

写真館
10 /19 2012
今回の「写真館」は2012年10月のショットです。

長かった夏の暑さも和らぎ、秋の季節に入るとトスカーナ地方にも霧がかかりやすくなります。
san gimignano
サンジミニャーノの城塞の上から撮った写真です。高い丘の上にあるサンジミニャーノの町は、霧の上に浮かんでいるかのように見えました。

でも霧がかかるということは、その上には太陽があるということ。トスカーナでは朝に霧がかかっていても、その後は天気がよくなることが多いのです。
san gimignano2
「塔の町」として有名なサンジミニャーノ。横から朝日が差し込んできています。
ちなみにトスカーナで霧がかかりやすいのは春と秋。暑い夏と寒い冬には霧は見られません。

こちらはフィレンツェの中心部。シニョーリア広場で見つけた犬。
cane
日本のお客様は、イタリアで見かける犬がとても行儀がいいのにお驚きます。あまり吠えませんし…
このワンちゃんの飼い主も横のカフェで休憩しているのでしょう。ワンちゃんは横でストレッチングをしながら待っています。
ちなみにイタリアのバール(喫茶店)では、犬を連れて入店してもOKな場所がほとんどです。

ホテルで見かけた「マッキアート」用のカップ。
macchiato
エスプレッソに泡立てたミルクをちょっとのせた「マッキアート」
カフェにミルクで染み(マッキア)とつけるという名前の飲み物です。
普通はエスプレッソと同じカップを使うのですが、このホテルのレストランではマッキアート用のカップがありました。ローマ字で記されているのが可愛いですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。