サンタクローチェの聖なる十字架

enjoyモダンアート
11 /05 2012
先日、サンタクローチェ広場に行ったら、広場全体がオブジェ化してました!
s croce e arte moderna5
一瞬「え?雪が降ったの?」というくらいに地面が白くなっていたのですが、これは白い細かい石を敷いてあったためです。

これは期間限定(2013年3日〜11日)の近代アート。
ミンモ・パラディーノの作品で「サンタクローチェ(聖なる十字架)広場の十字架」という題名です。
広場に並べた石の固まりは上空から見ると、十字架に見えるそうです。80m×50mなので地上からだとよくわかりません。57個のカッラーラ山から運ばれた大理石の固まりが並んでいます
文化環境遺産省主催のイベントで今年は「Florens2012」(2年おきに行われます)

そして大理石の表面や上部にはいろいろなオプショナルが付いています。
大きな石製の輪から覗いたサンタクローチェ教会
s croce e arte moderna4

たくさんの靴の形のオブジェが石の表面に留められています
s croce e arte moderna3

こちらは炭化した人間の身体の各部
s croce e arte moderna2

下に立てかけられている頭と胴体部分
s croce e arte moderna1
内部から燃え尽きた様子です。

他にも大聖堂広場をサンジョヴァンニ洗礼堂の中でもオブジェがありますので、続きの日記で紹介します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。