ドゥオーモと70本のオリーブ

enjoyモダンアート
11 /06 2012
2年ごとに行われる文化環境遺産省のプロジェクト「florens2012」が開催中です。
サンタクローチェ広場の展示を紹介しましたが、今回はドゥオーモ広場の様子です。

広場に70本のオリーブの木が整然とチェスボードのように並んでいます。
olivi e duomo3
オリーブはトスカーナ地方の田園風景とともに、ゲッセマネ(キリストの受難の地)を思い起こさせます。
olivi e duomo2

オリーブはすでにエトルリア人の時代からトスカーナでは栽培されていました。
「Beni culturali e ambientali 文化環境遺産」という名からも分かるように、オリーブ畑が広がる田園風景も守るべき遺産なのです。
olivi e duomo1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。