信者専用ジョット工房作品

フィレンツェ市
11 /13 2012
フィレンツェのドゥオーモの中心部にいきなり、このような祭壇画が展示されていました。
近づこうとしたところ、係員に止められたのであまり近くによることが出来ませんでした。
祭壇画の正面には椅子も設置されているのですが、どうやら観光客には見せないことになっているようです。
duomo1
係員に聞いてみたところ、普段は「大聖堂の左翼廊に設置されているジョットの作品」とのことです。
この左翼廊も普段は入れない場所です。しかし近くに寄れないのでは…

看板には2012年10月2〜24日の期間限定公開で、「ジョットの工房作品」と書かれていました。
中央には「マリア様の顔に触るイエス」という親子の情愛にあふれた聖母子像。横はフィレンツェの唯一の殉教聖人である聖ミニアートと、フィレンツェ司教であった聖ザノービ、そしてザノービの協力者であったエウジェーニオとクレシェンツィオが描かれています。
1305年の作品ですから、ドゥオーモ着工直後に書かれた作品なんですね。

ぐるりとまわって祭壇画の裏手は比較的よく見えます。
duomo2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。