ピサの光

写真館
12 /08 2012
イタリアでは夏時間が終わると日が暮れるのが1時間早くなります。
そして冬至までさらに日が短くなっていくこの時期、午後のピサ観光は日が落ちるまでの時間との戦いです。
なぜならピサでは冬期は大聖堂も洗礼堂も午後4時半に入り口が閉まってしまうため、早く入場しなければならないのですが、入場観光が終わると陽も暮れてしまうため、その前に写真を撮っておきたいからです。
午後4時半で、こんな感じです。
duomo di pisa
夕焼けの光がさしてとても綺麗なのですが手前は暗くなっているので、人を前に入れると人間が真っ黒になってしまいます。
battistero
この10分後にはまるで部屋の電気を消したかのように、暗くなります。
その刻々と変わる様子を眺めるのも面白いのですが…

午前の観光ではこんな光の中で見ることができます。
torre
やはりピサの冬は朝の観光のほうが、写真が撮りやすいですね。

ちなみにこちらはガイドや添乗員さんがよく使うバールの風景。
vista dal bar
窓際の席は特等席です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。