コジモ3世の輿

フィレンツェ市
12 /10 2012
フィレンツェの大聖堂付属美術館に、こんな「輿(こし)」が飾られています。
こし
この美術館は大聖堂、ジョットの鐘楼、サンジョヴァンニ洗礼堂に関係した美術品が展示されているのですが。これは一体何なんでしょう?

これはフィレンツェの支配者であったメディチ家の当主コジモ3世が、大聖堂のクーポラ(丸屋根)に登るために使った「輿」なのです。

クーポラ頂上までは階段で463段
クーポラ
こんな狭い階段を登らなければなりません。
階段
以前、クーポラに登った人が頂上で心臓の発作を起こしたけれど、階段が狭すぎて担架を通すことができず、頂上からヘリコプターで釣り上げて運んだをいう話を聞きました。

そんな狭い階段を「輿」で人一人運ぶ…大変な作業だったのでしょうね
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。