フィレンツェナイトツアー

写真館
02 /19 2013
フィレンツェは以前に比べると、建築物のイルミネーションも華やかになっています。
この傾向は現在のフィレンツェ市長になってからのものです。
昼間と違ったイルミネーションのもとに見るフィレンツェもなかなか魅力的です。
今回はシニョーリア広場のイルミネーションを紹介しましょう。

こちらはヴェッキオ宮殿前のダビデ像コピー。ライトに照らされて、後ろのヴェッキオ宮殿の壁にその陰がはっきりと投影されていました。
sera5

ランツィのロッジャの入り口にいるライオン像からヴェッキオ宮殿を見上げて。
sera4
余談ですが、このライオン像に酔ったお客様がまたがって係員に怒られたことがあります。夜間でもこの広場には監視カメラが設置されていますので、気をつけましょう。

ジャンボローニャ作「サビニ女の掠奪」手前にヴェッキオ宮殿。
sera1

同じ作品を他の角度から。3人の男女の像が回転するアクロバット的なポーズのこの作品は360度の角度で楽しむことができます。16世紀の作品です。
sera6

こちらは19世紀のピオ・フェーディの作品「ポリセンナの掠奪」
sera3

このイルミネーションに誘われて、遅い時間帯でも広場にはカメラを掲げている観光客が何人もいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。