ロサンゼルスとアッシジの関係

アッシジ
05 /22 2013
アッシジにあるサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会について、何回かこのブログでご紹介しました。

ところでこの教会の名前がアメリカ合衆国の都市ロサンゼルスの由来になっているということなんです。

Santa Maria degli Angeli(天使の聖母マリア)という名称は、聖母マリアを讃える敬称のひとつで、フランチェスコ修道会の活動によって広まったものです。聖フランチェスコが自らの手で修復を行った祈禱所ポルツィウンコラは、彼の崇拝の対象であった聖母マリアと天使に捧げられていました。

こうして「サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会」という名は、多くのフランチェスコ修道会の教会につけられています。

さてロサンゼルスの名前はどのようにこの教会とつながっているのか?
18世紀にこの地に足を踏み入れたポルトラという男が、ここに見つけた川に聖母マリアに因んで「el Rio de Nuestra Senora la Reina de los Angeles de Porciùcula ポルシンウラの天使たちの女王の川」と名付けました。ポルトラと共に二人のフランチェスコ修道会の修道僧が旅をしていたからです。
ここからロサンゼルスの名前へと繋がるんですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。