中世衣装が似合うイタリア人は根っからの役者?

写真館
05 /24 2013
かなり遅れ気味のレポートですが、イースター祭の朝のフィレンツェのショットです。

仕事前に大聖堂の前を通りかかると、ドゥオーモ正面の中央の扉が開いています!
giorno di pasqua1
いつもは閉まっているこの扉。イースターの日にはこの前に山車を運んできて、ドゥオーモの主祭壇と鉄線でつなげて鳩の形をした張り子を飛ばすのですが…フィレンツェの復活祭の様子はこの日記で以前に紹介したので、今回は省きます。

そして大聖堂広場からシニョーリア広場にメインストリートのカルツァイオーリ通りを歩いていくと…
こんな行列が始まりました。
giorno di pasqua5
まだ朝早いので見守る人も少ない中、フィレンツェの紋章の後ろからレンツィ市長が歩いてきます。

そしてその後から中世の洋服を来た人々が等間隔で進みます。
giorno di pasqua4

行事のたびにこのような中世行列を見ることが出来るのですが、なんでイタリア人はみんなこんなに中世衣装が似合うのでしょうか?
giorno di pasqua3

そしてたどり着いたシニョーリア広場。行列の最後は旗を回す妙技を見せてくれるグループが待機しています。
giorno di pasqua2
本番前でみんな緊張気味?
祭りがもうすぐ始まります!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。